人気ブログランキング |

前回に引き続き、U先生の講習会に参加させていただきました。
練習内容は、開門式の用法等の部分を除き、前回とほぼ同じ…というか、少し省略して、その分だけ丁寧に展示・説明くださってました。初心者に対するご配慮でしょう。
場所が使用できる時間ギリギリまでご指導いただいたのですが、終わり際に「あと一時間半欲しい」とのU先生の言葉に、情熱と誠意を見た気がしました。

忘れているところや新しい発見もいろいろありましたが、「結局、足が動かなければ八卦掌の動きにはならない」という前回の感触が、今回ので確信に変わりました。
となれば、走圏をメインとしつつ、当身や反転の練習をしなければならないワケですが…1日に1時間半の走圏の時間、作れるかなあ?(^_^;)


# by 100Hoshikage001 | 2019-08-20 22:57 | 学んだ記録 | Trackback | Comments(0)

三先相照

三先相照(この字で良かったっけか?(^_^;))というものは、結局力の効率的な使い方に起因するワケで。
と、いうことは、合気道の中にそういう効率化を持ち込んでもおかしくないのではないか?と、合気道の一人稽古を改善中。
その効果を検証する機会はたぶん一生無いので、その意味では自己満足で終わる運命なのだが。(^_^;)

…て、こんなことを公然と書くから私の合気道は「邪道」だとか「そういうのもアリですアリです。(失笑)」とか言われるんだろうなあ。(-_-;)
# by 100Hoshikage001 | 2019-08-15 19:39 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

だいぶ間が空きましたが、八卦掌体験記の続きです。
八卦掌のもっとも特徴的な動きである歩法、その中でも最も基本を成す扣歩・擺歩の練習。
扣歩・擺歩を知らない人のために簡単に書くと、前後に足を開き、前の足の爪先を内に向ければ扣歩、外に向ければ擺歩と思ってもらえば良いでしょう。きっと「当たらずと言えど遠からず」です。(^_^;)

八卦掌と言えば、円を描く歩法が有名なんですが。その円をどんどん小さくしていき、足幅を直径にする円くらいになると、扣歩・擺歩でしか回れない(もっとも、そのくらい小さく回ると、円というより四角になりますが。)なので、八卦掌の最も基本的な歩法は扣歩・擺歩となるのでしょう。
私の記憶が確かなら、講習会当日の歩法の練習は扣歩・擺歩の確認から始まって、扣歩・擺歩による直線上の往復、四角に歩く…とやってから、扣・擺歩を使った相手のバランスを崩す技法や蹴りや足払いをやりました。
その技法のなかには、なんとなく知ってるのもあれば全く知らないものも。
例えば、相手の足の甲を蹴る(踏むのではなく!)てのは初めて見ました。ちょっとビックリ。(◎_◎;)

その後、3グループくらいに別れてから円を描く歩法の練習。八歩で一周回るくらいの円で、いわゆる走圏です。
走圏の中に、最低でもこれくらいは入ってるんだなーと少し感心。
…が、走圏というものがそれだけではないと知るのはもう少し後です。

次回は穿掌(この字で正しいかは不明)について…て、このペースで書いてたら次の講習会が先に来ちゃうなあ。(-_-;)



# by 100Hoshikage001 | 2019-08-15 08:58 | 学んだ記録 | Trackback | Comments(0)

2019.8.8(木) 基本的な事柄

O氏に、基本として順歩捶を習う。
難しい…いや、やりたいこと自体は決して難しくはないのだが。私がやってみるとふらついたりする。
これを、息をするくらいに普通にやれないといけないのだろうが…時間掛かるだろうなあ。
# by 100Hoshikage001 | 2019-08-08 22:40 | 学んだ記録 | Trackback | Comments(2)

八卦掌体験記③ 気功編

あの日習った気功は五種類。名前は聞いてません。
東京練習会の人ならイメージしやすかろう、という感じで説明すると…
1 雲手を後ろまで延長した感じ
b0372325_22404179.jpg
2 逆雲手を後ろまで延長した感じ
b0372325_22415492.jpg
3 小開門の青龍回頭と青龍擺尾を左右に繰り返す
b0372325_22444424.jpg
4 うーん、イメージが比較的近いのは、太極拳の閃通背?でも違うんだよなあ。
b0372325_22461418.jpg
5 該当する動作が全くございません!撮影もしてません!ま、全て書くのも先生に悪いし…(とか言い訳)

講習会終わり際に先生が、おそらく、初回の私どもを気遣って「これは良いものだから、憶えて帰ってください」ともう一度練習したくらいなので、重要なのでしょう。
それだけしてくださったのにうろ覚えでスミマセン。
たしか、「足の位置は変えず、全身をゆっくり捻る感じで…」と仰ってたような。五番は捻る動作がないですけどね。

では次回、「扣歩擺歩編」に続きます。


# by 100Hoshikage001 | 2019-08-05 22:33 | 学んだ記録 | Trackback | Comments(0)