八極連環拳に思うこと(1)

兄弟子、I氏より教わった連環拳を、ひさびさにやってみた。
K先生からは「(あんたは未だ)やる必要がない」と言われた型である。
現在学んでいる八極拳の系統の中でも、特に特色が出ているであろう型…実は、現時点であまり興味がない。
私には高度過ぎるのだ。
この型の表すところを勝手に推測すると、「八卦掌のように動いて、八極拳のように打てる」ことだと思う。
しかし私は八卦掌をほとんど学んでいないし、八極拳の打撃についてもほとんど学んでいない、基礎作りの最中なのだから、いくら連環拳を練習してもヘタクソな踊りにしかならない。
まさに「豚に真珠」。

え?それなら何故練習したのかって?
せっかく教えてもらったので、動作の順番くらいは覚えておくため。
既にいくらか忘れてたけどね。(^_^;)

[PR]
トラックバックURL : https://isiokahakkyoku.exblog.jp/tb/27251880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 100Hoshikage001 | 2017-10-05 17:31 | 八極拳 | Trackback | Comments(0)