私的合気道論(2)

合気道の稽古の多くは、一対一で組んで行われます。
それ以外には一対多数と一人稽古があるのですが、このうち一人稽古に着目すると、合気道の動きの基本が見えてきます。

一人稽古の内容は団体や系統で変わり…要は指導者によって若干変わるのですが、おおよそ剣を「振り上げ」「振り下ろす」「突く」動作を、「前に進む」「向きを変える」「回り込む」ことと組み合わせて行います。
これらは開祖がやっていたという「八方斬り」にほとんど集約されているようなのですが、現在多くの道場ではこれを行う場合、剣を持たずに素手で行うみたいですね。更に簡略化して四方斬り、前後斬りにしたり。私も普段、木刀で前後斬りをやっています。

さて、剣を振り下ろしたところを水平方向横から見て、肩から手首を繋ぐライン(仮にAライン)と剣を直線として持ち手の延長線上となるライン(仮にBライン)は、手首辺りでどういう角度で接しているでしょうか?


通常、AラインとBラインを一直線に重ねないと思うのですが。
更にBラインの剣先がAラインの下に落ち、Bラインの持ち手の延長線が首辺りに来ると、肩から手首までロックが掛かります。(「ロック状態」と仮称しましょう。)
更に剣先が下に落ちる(持ち手の延長線が上がっていく)と、剣が手から離れて行きますよね?(「手解き」と仮称。)

普通、相手に手を取られたら「手解き」したくなります。
が、その代わりに「ロック状態」を選べば?
上手くすると、相手の自由を奪えるかも知れません。
そこから更に投げたり抑えたり出来るかも?

武器を手にする、ということは手を使っているワケで、相手が武器を持って襲ってきた時、その手や武器を介してロック状態に出来れば?

逆に、自分の持つ武器を、相手が手で取り上げようとする時にそれが出来れば?

剣術の研究からこういった技術体系が生まれるのは必然だったのでしょう。多くの古流剣術にはこれらの技術がある、と噂に聞きます。
合気道の技術も、この延長線上にあると考えれば解りやすいのではないでしょうか。

続きは気が向いたら。

[PR]
トラックバックURL : https://isiokahakkyoku.exblog.jp/tb/28183307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 100Hoshikage001 | 2018-03-10 09:12 | 合気道 | Trackback | Comments(0)