私的合気道論(5)

合気道は多様な広がりをみせているので、これを一括して説明することは難しいと思います。なので私が学んだ経験をもとに、基本的な崩しの技術を考えてみます。
先ず、最初に学んで毎回行う基本的な稽古から見ていきましょう。
それは「体の変更」「基本の立ち呼吸」「基本の座り呼吸」です。

1 体の変更
現在は「体の転換」というのが一般的でしょうか?
ですが、ここでは私が最初に学んだ「体の変更」という言葉を使わせていただきます。
私的合気道論(2)のAラインを思い出しましょう。
今、向かい合う二人の人が居るとします。
二人は半身で相対し、片方が左足を前に出していれば、もう片方は右足を前に出しています。(逆半身)
双方は前に出た足と同じ側の手を、へその高さくらいの位置に差し出したとしましょう。イメージ的には片手で剣を降り下ろした位の位置から前に進む感じです。
そのイメージで差し出された、体の変更を行う者(甲)の手首を、受ける人(乙)が同様のイメージで掴みます。
乙にとって甲の前腕は、刀のようなもの。簡単に手放すワケにはいきません。
当初、両者のAラインが強力に接しています。
では体の変更を始めましょう。
甲は、その接点をあまり動かさないように(本当はここにミソがあるのですが、その件はまた後ほど。)しながら、相手の側面に移動します。
移動方法は、前に出ている足の爪先を、接点の下から相手の爪先までのやり易い場所に置き、それを軸に後ろ向きの半身と変り、止まることなく今は前の足となった(始まった時は後ろ側の足でしたが、後ろ向きの半身に換わりましたからね!)足を、自らの後方に引きます。体の変更が終わった時、甲は剣を降り下ろした位置から前に進めるような姿勢。足は相手の側面より前に出ないように微調整して置きましょう。
結果、両者は同じ方向を向いて剣を降り下ろした形に…ならないです。乙は崩されているので。
さて、手の使い方です。
甲は手を開いて指先を自分自身に向け(つまり相手の進もうとする方向に沿っていき)接点辺りで小さな衝突と小さな円による誘導を行い進むのです。

…意味が解らないだろうなあ、とは思いますが、柏手がAラインを通じて「相手の背骨から頭部を衝撃的に直撃する」のとは異なり、体の変更は、相手のAラインからの力の向きを変える方法です。いってみれば「あなたの行きたい方向に行かせてあげますよ、私はそこには居ませんが。ついでに姿勢を保てないようにしときます。」
てことで、合わせて相手の背中側に入り込み、身を守る方法でもあります。
大変重要な基本なのですが、二段持ってても案外いい加減な人が居たりします。残念なことです。

ああ、重要なことを忘れてましたね。
甲は特に肩と腕の力を抜き、正しい姿勢を保ち、かつ、丹田から指先(または手首)、更にその先へと力(エネルギー?)が無限に延びていくようなイメージで行う事が肝要です。
このイメージ、有るのと無いのとでは全然違います。

続きはまたの機会に。

[PR]
トラックバックURL : https://isiokahakkyoku.exblog.jp/tb/28214774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by 100Hoshikage001 | 2018-03-27 19:29 | 合気道 | Trackback | Comments(0)