人気ブログランキング |

カテゴリ:雑感( 52 )

強い当て身…

K先生のFacebookを見てて、禅問答?てな話がちらっと見え隠れしたので思うところを。
もともとは速さと強さがないとダメだ、て話から始まるのですが。
私みたいな人間は速さを求めると不安定になり、重さを求めて沈もうにも低くなりきれない。さて、どうしたものか?と反応すると、K先生曰く、強く打とうとすれば速く、低くならざるを得ない…と。で、これでは禅問答か?とお笑いになるわけですが、なんとなく解る気はします。
単純に考えると打撃の強さは重さ×速度(+加速度)。
力学的な解説を省略して、低さを求めるのは重さを求めるため。
速さは反応速度だけではなく諸動作を含む訳ですが、中国武術の場合は変化もできる動きを含めるため、ヘタすると無駄な動作をしてしまいます。
重さと速さを求める鍛練、どちらも方法であり、目的と間違えると横道にそれる可能性があります。つまり、無駄な動きをする可能性があります。…ええ、自覚があります。(^_^;)
方便と実利を混同してはいけませんね…。
何が必要か、と考えるのは重要です。
特に東京練習会は。

by 100Hoshikage001 | 2019-04-09 21:55 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

烏龍盤打

別名、車輪。
その名のごとく、グルグル回せないといけない…と、勝手に思っている。
さてその回す力はどこで生じるのか?
足と腰の蹴る力だと思ってたのだけど、H老師の動画を見てて落とす力もあるのか!と思ったのは少し前。最近は背中でも回せるのかも知れない…と思い始めているが、今のところ確証はない。
そして、どう止まるか。
別の八極拳を教えてらしたT氏(故人)は、動きを止めるのに「屈筋を使ってはいけない」という人だった。それはそれで納得出来る話なので、彼らのところではやっていなかった(少なくとも二回しか訪ねていない私は見てない)烏龍盤打でも、そうあるべきかと思う。その為にはちょっと工夫が要るはずなのだが、まだまだ試行錯誤にすら入っていない。…我ながら困ったものだ。(-_-;)
ネットに書き込む時間あったら練習しろよ!(自己ツッコミ)

by 100Hoshikage001 | 2019-02-12 21:13 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

なんか合気道と八卦掌...

なんか合気道と八卦掌の記事を読んでいらっしゃる人がこの数日間増えたような?
合気道も八卦掌も伝人により違うようなので、参考程度にしてくださいね。(^_^;)
by 100Hoshikage001 | 2019-02-10 20:40 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

敗式

劈掛掌の、基本四路の次の型を学習中なのだけど、K先生の説明に敗式が出てきたのに少し驚いた。
敗式?敗式って、あの敗式?
念のために「敗式」とググってみたら、パッと出てくるのはゲームの話ばかり…探すのも面倒な気がしてきたのでうろ覚えの知識だけで書くと、一種の回避行動だと思ったが…
劈掛の対となる八極に敗式のイメージが無いんだよね。

しかもこの敗式、型の冒頭に出てくる。
まあ、もともとこの型は進行方向とは反対を向いて始まるので、イメージとしては「後ろからの攻撃に退避(敗式)してかわしつつ、前後左右に対応し、最後に後ろから襲ってきた奴等の方向を向く」というのが型の冒頭なのかもしれない。
そりゃスピードを求められるわなあ…とか仮定に仮定を積み重ねた妄想で独り納得したりして。(^_^;)

なんか、個人的には劈掛って、四方八方に斬りまくり攻めまくりの
イメージがあるのよね…型よりも、歩法や手を自由に使えるのが先決では?とか思うけど、型を学ばないことには話にならない、か…。型を頑張る。

by 100Hoshikage001 | 2019-02-05 22:19 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

指先

最近の練習は「暇があったら太極拳」状態で、足運び・体幹・螺旋がテーマとなってるせいか、知識ゼロの知人と小八極拳を練習した時に「…はて?螺旋を描かない小八極拳てどんなのだっけ?」と一瞬考え込んだりする。(^_^;)

さて、その螺旋なのだけど、むかーしむかしに太極拳を見てたときは「基本円の動き、末端は掌底付近を使ってる」と漠然と思っていたが、K先生の型を見てると指先から入るように見える。
もちろん掌底も使うようなのだけど、入り口は指先…つまりは突いているような。
円の動きは刀を振り回すような動きに通じる。刀の動きは掌打に通じる。
螺旋の動きは中国の剣や槍に通じ、刺や衝に通じる…ような?
だとしたら、やはり指先から入るべきなのだろう…と、この10日ほどはそれを意識して練習。
…拳極まれば掌となり、掌極まれば拳となる、とも言うから結局は同じかもしれないけども。(^_^;)

…とか思っていたら、FacebookでK先生の師であるH老師の動画を見てると、劈なのに突きにも見えるという…足の爪先の動きから体幹から手の指先まで…なるほどねー!そうなるのか!と納得&感心。
眼福でした。

…ここまで書いといて、全然お門違いだったら笑っちまうな。(-_-;)

by 100Hoshikage001 | 2019-01-25 19:40 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

「質問はないか?」

K先生は練習会の終わり頃に「質問はないか?」とよくお聞きになる。
合気道の故斎藤守弘先生(ちなみにお孫さんが二代目斎藤守弘を名乗るお話があるそうな。それでいくと初代斎藤守弘先生。)も講習会終了直前くらいに「質問はないか?」と仰ってた。

教える立場として、そう言いたくなる気持ちもわかるし、ありがたい話なのだけど、つい数分前に学んだことを整理して定着させるのに必死になって質問まで気が回らない…というのが正直なところ。
なので、復習しているときに「…はて、これは?」となる。

昨夜、今朝、昼休み、帰宅して…と昨日学んだものを忘れないように、せめてものイメトレを行ったのだけど、やっぱり「?」が現れる。それもかなりイマサラ?な内容。
…斜行単鞭て、具体的にどういう力の出し方をするのか?
…「劈掛基本四路の三路めに同じや!」とか言われそうではあるのだけど。(^_^;)
刺して突き飛ばす劈掛の三路めと、片手を鉤手にする斜行単鞭ではやっぱり違うのでは?とかなんとかむにゃむにゃ…。
あまり馬鹿な質問をすると怒られそうだし。
…以外と、「ちゃんとした質問」は難しい。

ちなみに、斎藤守弘先生の場合は「質問しないことが正解」なんだそうな。「疑問の余地の無い良い講習でした!」てことらしいっす。
…教える人も大変ですね。


by 100Hoshikage001 | 2019-01-14 20:16 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

信じる者は…

とある組織の合気道(合気道の世界では有名な流派)について『あれは柔術。合気道ではない。』と仰る方がいる。
その理由は?と思ったのだが、その人の表情やしぐさを見てると議論の余地は無さそうな感じなので突っ込むのはやめた。

人は自分が信じるものしか見ない、と最近思うようになってしまい、問われない限り、反論や別の視点からの見方とかを話すのは面倒臭く感じるようになってしまった。
「信じる者は救われる」そうだから、どうぞお好きなように。
「信じる者は騙される」という人もいるが…選ぶのはご本人なんだから、結局は本人と運次第。

ヤダね、トシヨリの世界って。(^_^;)

by 100Hoshikage001 | 2018-09-26 23:30 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

しまった!

先日、合気道の先生に「演武頼むな~」と軽く言われて「はあ。」と生返事返したけど、演武大会まで1ヶ月切ってるじゃん!
参加出来る人もどれだけ居るか解らないのに…。

最悪一人なら杖の演武?いやいやいやいや…師範クラスや某道場の集団演武でやりそうな内容を、拙い私が披露してもねえ。
現在の稽古内容は武器技か昇段審査対策が中心で、それとは別に演武対策組めるか?組んでくれる人、居るか?
そして私に演武やらせると、そーとー地味なんだけど?地味な技が好きだから。

その間にも劈掛や太極拳の練習やんなきゃいけないし…
は!
中国武術の演武がそういえば…ああ、あっちは今年参加するとは言ってないからいいのか。ふう。焦ったぜ。

それにしても…やっちまったなあ。

by 100Hoshikage001 | 2018-09-24 21:02 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

石岡祭り

毎年秋に行われる、石岡のお祭り。三日間行われるのですが、今年は真ん中の9月16日(日曜日)の夜にだけぶらりと見物。
b0372325_18494227.jpg

by 100Hoshikage001 | 2018-09-18 18:47 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

金門

基本、Facebookで新規のお友達を受け付けていないのですが、そんなことになる前に知り合った人のはそのままにしてます。
で、その中の台湾の方から、グループに入れられちゃったりする。
過去二回あった、その事例。共通するのは「金門」。
台湾の地名でしょ、くらいに軽く見てましたが二回目が来たときにググってみると、なんと金門の別名は「前線」。
台湾が実行支配してますが、中国大陸にかなり近い島。
相当な砲撃戦が行われたらしく、その砲弾片を使って作った包丁が売られたりしているそうな。
一時期は立ち入り禁止の島だったようですが、現在は観光もやってるとか。
…どことなく沖縄を連想するのは私だけ?

日本から割と近いところの話なんだけど、知らないことも多々あるんですね。

by 100Hoshikage001 | 2018-09-17 23:11 | 雑感 | Trackback | Comments(0)