カテゴリ:呼吸( 2 )

呼吸の話(2)

少し脱線しますが、合気道にも「呼吸」という言葉があります。
合気道の場合、この「呼吸」という言葉は一般的な「息を吸う・吐く」ではないので注意が必要です。
時に「呼吸力」という力・働きの事であったり、「呼吸投げ」という技の分類名であったり。「合気道における呼吸とはなんだ。説明しろ。」と言われても、答えに困る有段者も居るのではないでしょうか?先生方により言うこと違ったりしますから。
私の先生は、「呼吸とは、これだ。」と言って螺旋状の手の動きを見せてくださいました。
それ以外に『相手との同調(阿吽の呼吸?)』であったり、『動作と息を合わせること』と説明する方も。
どれが正解なのでしょう?
…もしかしたら、全て正解なのかも?

ともあれ、本ブログは基本的に八極拳をテーマにしてます。
合気道の呼吸とは直接関係しません。
ただ、私が合気道の呼吸について語る時は、息を吸う・吐くの話とは限らない、ということだけは思い出してもらえれば。

というところで本日は終わります。
続きは気が向いたら。

そうそう、本日は今年最大のスーパームーンだとかで、やたらと月が明るく大きいです。
ここのところ、夜に屋外で練習するケースが多く、月の満ち欠けに日々の移り変わりを感じていました。
これもまた、合気道的には呼吸ということになるのかもしれません。
ではまた。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-01-02 22:37 | 呼吸 | Trackback | Comments(0)

呼吸の話(1)

先に書いておくと、私は呼吸について正式に学んだことはありません。
二十歳くらいのころ、我流で呼吸の練習をしたことはありますが、失敗して自律神経系のトラブルらしきものを体験し、怖くなってやめました。
その後、大昔に石岡の真兌道で教えてらっしゃるC先生に体験程度させて頂きましたが、その時の話では「自然呼吸・腹式呼吸・逆式呼吸・武式呼吸」とか「小周天・硬気功・大周天」が在ると教わった記憶が…まあ、うろ覚えなんですが。(苦笑)
で、どうやら八極対打では打開の時に逆式呼吸を使うようで。
打開に限らず当て身をそのまま受ける時に先輩方は「ふっ!」という呼吸音とともに身体を固めるので、あれも逆式呼吸かな、と。
人間、打撃や衝撃を受けると感知した場合、本能的に身体を固めます。その際、息を止めやすいのですが、それは身体に負担となるので息を吐きながら固めるのですね。
で、クチを閉じている形で息を強く吐くと「ふっ!(あるいは「ふん!」)」という呼吸音になる、と。
どうやら、そういうことのようです。
長くなるので本日はこれまで。続きは気が向けば。




[PR]
by 100Hoshikage001 | 2017-12-17 17:25 | 呼吸 | Trackback | Comments(0)