<   2018年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2018.7.31(火)の練習

夕方 某公園にて
小八極拳(左右)
劈掛掌 基本から基本四路
大八極拳
六大開
小開門拳
陳式太極拳(第一段)

忘れてないか確認するために流す程度
小開門拳の裏を一部を忘れてた。劈掛一路は確認してないが、たぶんヤバイ。
平安二段(松濤館系)も少し忘れてたしなあ。結構良い型だと思ってたのに。
もしかして、俺っていろいろな面でアウト?orz

それにしても暑い。俺手捶やったら、夕陽の中、汗がバシャッと飛び散るのが見えた。早く涼しくならないかなあ。暑さの本番はこれからだけど。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-31 17:57 | 練習記録 | Trackback | Comments(0)

拳譜

経験上、中国武術では文字を多く使う人が多い。
黒板に書いたり、型にある技名を順番に書き連ねたり。
東京練習会でも、皆熱心にメモしており、動画を共有して予習復習に余念がない。
大変有効な方法らしく、皆さん短期間に上達していく。

合気道で「メモを録るな」「今日やった技は忘れろ」と言われた身としては少し面食らう。
メモを録ってないと「何やってんだ!やる気あんのか!」とか怒られるらしい。
俺ヤバイやん。

こういった違いがそのまま中国と日本の文化の差…とは経験が拙すぎて言い切れないけど、新聞記事とか読んでると中国の日常では曖昧な指示や指導はしないものらしい。
あれだけ幽玄な文学作ってるのに?とか思ったりするが、その手の作者が特殊なのか、現実主義ゆえにそういうのが好まれるのか…詩的表現が愛されるのは、雅で良いなあ…とは思うのですが。
優雅な文面だけ見ていると、中国人の現実主義と結び付かない。
私の古い勝手な思い込みを捨てるべき時が来たか…。

拳譜を眺めながら、そんなことを思ったりする今日。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-30 21:44 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

2018.7.30(月)の練習

久々に練習する。…まあ、いろいろありまして。
このブログにアクセスすること自体、久々。

夜、駐車場にて
小八極拳、大八極拳、陳式太極拳(冒頭部分)
八極はともかく、陳式は一部忘れていたので何回か繰り返す。
…身体の動きがものすごく悪い。練習してないんだから当然だけど。


[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-30 21:34 | 練習記録 | Trackback | Comments(0)

七順・七逆

突きの力(勁?)の伝達順序を表したような言葉に、いつ何処で読んだか覚えてませんが、七順というのがありまして。要は足から始まった力は膝・股関節・背骨・肩・肘・拳の順序に進んでいく、と。
合気道の固い稽古の中には、言わば七逆…手から始まって足に至るように自由を奪おうとするものがある。
大東流ではその応用のようなもので、頭部に仕掛ける技法がある。
今日体験した技法は更に奥には入り、神経系を攻めるのかも。
所詮は仮説なので、妄想と変わらないけど。(^_^;)

手首から肘へ掛けての筋肉の収縮は体感としては知ってたけど、あまり有効とも思えないので放置してた。彼らは、そこを敢えて攻めるのね。

人体一つに対して、いろいろなアプローチがあるものだなあ。
理科の実験的ワクワク感があって、楽しい。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-22 22:21 | 武道・武術について思うこと。 | Trackback | Comments(0)

合気道でいう合気とは概念であり生き方だと思うのですが、世の中には「合気とは技術である」とする方たちがいらっしゃいまして。主に大東流の方なのですが。
大東流の中でも比較的に知られたO先生という方の、孫弟子だか末弟子だかに当たる人に「合気」を掛けてもらいに行きました。

私以外にも大勢の方がチャレンジ。結果だけ見れば不発が多く、掛ける本人も「惨敗」というくらいなんですが、発生する条件や一部の技の構造について、いくらか所見を得られました。
その孫弟子氏の考え方だと、相当繊細な技術のようで。
今は亡き合気道の佐々木先生の動けなくする手とは、ずいぶん違うようです。

時間とお金を費やした分に見合うかどうかは、私が今後活用するかどうか次第…というところなんでしょうが、検証するだけでもパートナーが必要なことだし難しいでしょうね。(^_^;)



[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-22 17:05 | イベント | Trackback | Comments(0)

八極拳と太極拳

やっぱ酒飲みより武術談義の方が楽しい。
そういうわけで、酔漢ながらに書いてみる。

私が学んでいる系統の八極拳には太極拳より採用したとされるものがある。
以前K先生が貼山靠の変形(応用)を教えて頂いたことがあるが、それも太極拳くさい動作だった。実際K先生も太極拳との繋がりを仰る。

側面を利用する両者のこと、共通する点は多い…が、太極拳にあって八極拳に無さそうなものを感じる。
抖勁。
それが実在して有効な技法なのかは全く解らないものの、太極拳には八極拳よりも力を小さく使う技法が存在するのは間違いなさそうだ。
陳式太極拳を練習していて、それを感じることはある…のだけど、よく解らない。

人体の構造上において無理の無い動作であると同時に、十分弛まないといけないのだろう。「墜肩沈肘などを守りながら力むな」と口にするのは簡単なのだけど、それを実際の場で使おうとすると課題は多そうな気はする。

ともあれ、学習する順序として八極で馬歩・弓歩、重心移動とその力の発揮方法を学び、劈掛で体幹の力を放長することを学び、その力を自由に転換する方法を太極拳で学ぶ…と考えるとすごく合理的。
だが、私にそこへ進む資格はあるのか?と自問すると頷けない。
師命である以上従うしか無いのだけど。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-21 22:24 | 太極拳 | Trackback | Comments(0)

2018.7.21(土)の練習

夕方
陳式太極拳1~16動作までを練習。
b0372325_20243006.jpg
おおよその動作は覚えた…と言いたいところだけど、斜行単鞭辺りはH老師の下半身が見切れていて不明。
ぎこちなさもあれば細部不明なところも。
この辺りは実際の練習会で直してもらうしかない。

宴会(どういう訳か、毎晩のように誰かが誘いをかけてくる。)参加のために数キロ歩きながら、小八極や六大開のイメトレ。
やらなすぎると抜けてしまう。
先日、何気に気を抜いて大八極やってたら、小八極の動作をしてたり。たぶん、間違えた動作は小八極の方が気持ちいいからだろうなあ。(苦笑)

あんまりたくさんの型を学んでも、練習出来なければ意味がない。
ちょっと考えるべきか。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-21 20:10 | 練習記録 | Trackback | Comments(0)

2018.7.20(金)の練習

兄弟子I氏を経由して、K先生より「次回東京練習会に向け、陳式太極拳を予習せよ」との御達し。
ではではとH老師の動画を拝見。動画の内容は16番まで。
…え、起式ってそんなに落ちるの?…単鞭てそんな感じだっけ?
ん?一見片手だけ纏糸使って動かしてる?
とか見てるだけで内心大騒ぎ。
…まあ、動作の順番くらいなら16番目まで行けるだろ…と思ってたら、6番までで精一杯。
いやいや、どうなりますことやら。
b0372325_18242303.jpg
静止画よりも動画をアップしたいけど、なかなか難しいようで。



[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-20 18:13 | 練習記録 | Trackback | Comments(0)

b0372325_10190962.jpg
本屋さんで見かけると、作者買いをすることがあります。
表紙やタイトルをほとんど気にせず、ただその人の作品だから買う。
私にはそんな作者さんが数名いらっしゃいまして。この作者がその1人。
須藤真澄
私と同じような趣味なら、覚えておいて損は無いと思います。

作風は現代の童話風というか、柔らかくて丸い描線を使い、時折ギャグを挟みながら優しく暖かな物語が紡がれるという感じ。
作品はモロにギャグだったり、飼い猫の話だったり、童話的ファンタジーもあるのですが、今回買った本はシリアスめのファンタジー。

私はこの人の作品を読んでて気付いたら涙をこぼす時があるのですが、今回もでした。
何故泣いてるのか、今まで自分でもよく解らなかったのですが…素朴な思いやりとか、家族愛だとか。
そんな当たり前と言われそうなことが、当たり前ではなくて、それでいて意識されることもなく日常的に行われているという…大きく言えば、奇跡。それに涙しているんじゃないかなあ…と。

優しさ温かさ故に残酷なこともありますけどね。闇が深いほど光が輝いて見えるように。
それでも現実の闇よりは遥かに美しい…と、これは蛇足か。

そういう物語が好きな方は、ぜひ。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-20 10:14 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

2018.7.17(火)、とある予防接種のため運動禁止となったので、仕事が終わってから映画を見に行く。
そう、「ジュラシックワールド 炎の王国」。
テレビでチラ見した予告編から受ける印象とはずいぶん…まあ、見てのお楽しみ。英語のタイトルの方がイメージ近いかも。外国語の素養が全く無いものでよく解らないけど。
ストーリーというか、テーマ?は私好みです。
ただそれが書きたかった。(^_^;)

それにしても映画館まで遠い上に21時始まりのレイトショーなので、帰宅すると日付が変わってしまった。
…引っ越ししようかな?
まあ、そんな簡単にはいかないけど。

[PR]
by 100Hoshikage001 | 2018-07-18 08:34 | 雑感 | Trackback | Comments(0)